コンタクトレンズ通販 デメリット

通販のデメリットについて実際に検証してみた

通販のデメリットについて、私が知っている二、三の事柄。
ネット通販は、販売店で購入するよりも、はるかに安い。
まとめ買いもできますので、非常に便利でオトクです。

ただ、注意しなくはいけないことがあります。
コンタクトレンズを国内店で買うか?海外店で買うか?
これにより、お届け日数がかなり違ってしまう。
こういったトラブルを避けるために国内店がおススメ!

国内店ですと、ほとんどが注文から2~3日以内で届きます。
これが海外店では、約10日前後かかってしまいます。
急いでいる人にとっては、デメリットになってしまいますね。

あとは、信頼性という不安もあります。
そんなデメリットを避けるために、国内正規品という選択肢。
国内正規品を取り扱っている国内店が一番安心できますね。





日本製コンタクトレンズの方がデメリットが少なく安心感あります。
とくにネット通販が初めての人には、国内店の利用をおススメ!



通販 デメリットについて、ひとこと言いたい

通販のデメリットは「信用」「自己責任」ということ。
とはいえ、なんといっても魅力は、店舗で買うよりも安い。
しかも、処方箋なしでOKの通販(個人輸入含む)
いいこと尽くしのような気がするかもしれませんが!
実は、「信用性」と「自己責任」という問題もあります。
ここでは、通販(個人輸入)のデメリットについて書いていきます。

通販で購入するにあたって、気を付けないといけないデメリット。
値段は、とうぜん安いのですがアフターサービスがありません。
紛失や破損は、全て自己責任になります。

一般の販売店で購入する場合のデメリットとは!?
購入価格が高い、置かれているレンズの種類が限定されている。
気に入ったもの自分の好みにあったレンズを見つけづらい。


最初は、眼科専門医に検診してもらうと安心できます。
そこに書かれている処方箋にある商品を見つけると便利!
販売店が近くにない、忙しくて足を運べない人。
そんな人は、通販が便利。

ただ途中で度数が変わっても、通販だと交換はできません。
その点のデメリットも踏まえて判断する必要があります。
不安であれば、眼科でサイズや度数を測ってもらい購入するのが無難。

スポンサードリンク