医療費控除 コンタクトレンズ

国税庁による医療費控除について


眼科医による治療として装用する眼鏡およびコンタクトレンズは医療費控除の対象!
年度末の確定申告に医療費控除を受けることができます。

残念ながら、通常の近視、遠視、乱視、老眼等は対象外です。


眼鏡およびコンタクトレンズ使用者で対象となる疾患は、

弱視・斜視・変性近視・白内障手術後・角膜炎・緑内障手術後
虹彩炎・角膜外傷・視神経炎・網膜色素変性症・網脈絡膜炎


1.眼科医の処方箋により作ったものが対称になります。
それ以外は、控除の対象にはなりませんのでご注意ください。



2.各項目の合計額、10万円を超えた金額が対象になります。

◦対象疾患をお持ちの眼鏡代
◦眼科だけでなく他科の治療費を含めた合計金額
◦病院や診療所に行くのにかかった交通費
◦付添いの方の費用や交通費

参考例:
眼鏡を含む全治療費の合計額が15万円の場合、
(15万円-10万円)、5万円が医療費控除の対象になります。


3.医療費控除を受けるには
翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告です。


4.眼鏡で医療費控除を受けるには
処方箋(眼科医が交付したもの)と領収書が必要です。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。